MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

はじめての かていか

7がつ5にち
きょう、はじめてかていかをならった。
ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。
せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。
はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった。
1ぱんはごはんをたいた。
2はんはおみそしるをつくった。
3ぱんはカレーをつくった。
ぼくは3ぱんです。
じゃがいもやにんじんをほうちょうできるときはドキドキした。
「てをきらないようにゆっくりね」とせんせいがいった。
じゃがいもやにんじんやたまねぎやおにくをゴトゴトにた。カレーのルーをいれた。
しばらくしたらカレーができた。
やさいやおにくをきるときはきんちょうしたけど、そのあとはかんたんだった。
がっこうのかえりにびょういんにいった。
ママにカレーをつくったといったら、にっこりわらった。
ママがいえにいなくてさびしいといったら、もうすぐいえにかえれるといった。うれしかった。
「そのときはいもうともいっしょよ」といった。
いもうとは、ともよというなまえだ。
ママはともよをうんだので、びょういんにいる。
「ともよもカレーをたべるかな」ときいた。
もうちょっとおおきくなったらたべるとママはいった。
おおきくなったら、ともよにいっぱいカレーをつくってあげようとおもった。

続きを読む »

ブログパーツ

某神社に赤い蝋燭を立てると海が荒れる

昔海沿いにある社のふもとで蝋燭を売って暮らしを立てていた年寄り夫婦がいた。
参拝客はそこでろうそくを買い、社に供えていったという。
ある晩、爺さんが海岸を歩いていると赤ん坊をみつけた。

この赤ん坊には普通の人間とは違い足がなく、代わりに魚のひれがついており、どうやら人魚の子であるらしかった。
しかし、子供のいない夫婦はその赤ん坊を海神からの授かりものだとして、大事に育てることにした。
やがて人魚の赤ん坊はすくすくと育ち美しい娘になり、夫婦の仕事を手伝って蝋燭に絵を描くようになった。
その絵が非常に見事なことと、娘の美しさが評判になりろうそくは飛ぶように売れた。
やがて社には国中から参拝者が集まるようになり、さびれた漁村は大いに活気づいたそうだ。

続きを読む »

ブログパーツ

地獄の声が聞こえる穴

インドネシアのスマトラ島メダン。
標高2145mのシバヤック山の中腹に、すり鉢状の穴がある。直径2000m、最深部300mの巨大な穴はスアラ・ナラカ(地獄の声)と呼ばれ、地元の人々は決して近づかない。
昔から「命が惜しければ近づくな、悪魔が住み地獄の声が聞こえ、恐ろしい死を遂げる」と伝えられているからだ。

現に動物も怯えたように近づかず、植物さえ生えていない。

続きを読む »

ブログパーツ

ホヴリノ廃屋病院

ホヴリノ廃屋病院は、チェルノブィリにはやや劣るものの地球で最も恐ろしい場所の一つ。

この病院は、1500床のベッド、診療所、ラボラトリー、ヘリポートを備えた医療施設として、1981年に着工されたが、
地盤が弱かったため、ほぼ完成したこの大病院は、徐々に地下水に沈みはじめ、建設は凍結されてしまった。

続きを読む »

ブログパーツ

tag : 海外の不思議

悪魔のホクロ

あるOLが夏休みを利用して東南アジアへ旅行に出かけた時の話だ。
遊び疲れた彼女がホテルのバルコニーでうたた寝をしていると、なにかが顔を這いまわる感触を感じた。
目覚めると、なんと彼女の顔の上を一匹の蜘蛛が這いまわっているではないか。
彼女は慌てて蜘蛛を振り払うと、頬にかゆみを感じたので鏡を覗いてみた。
見ると、頬のあたりに赤い小さな腫れ物ができている。
今の蜘蛛に噛まれたためらしい。

続きを読む »

ブログパーツ

天野病院

徳島には有名な病院の廃墟が幾つかあり、とりわけ天野病院、かん医者、福井病院は三大病院廃墟として有名で、知名度からいけば天野病院は徳島で最も有名な心霊スポットと思われる。
その中から、今回は「天野病院」を訪れてみた。
事前の情報では既に取り壊されているとの話であったが、医師の宿直に使ったと思われる建物だけが残っているという話だった。たとえ解体撤去されていても、有名スポットだけに、跡地だけでも見てみたいというのが正直な所だった。

聞いた話などを総合すると、天野病院はかなり昔(としか分らない)に廃業したらしく、その後、荒れるに任せ廃墟として長い間放置されていたという。建物があった当時は、町でも「幽霊屋敷」として有名な存在だったという。
病院として経営していた当時の様子なのだが、何分にも昔の話なので、人によって話が変わってくる。当時は綺麗で大きな病院だったという話も有れば、診療所といった程度の規模だったという話もある。
また、開院当初は、結核患者や頼病患者を対象とした隔離病院で、その名残として窓には×字形に鉄柵がはめられていたという話も有るが、事実の程は不明である。

続きを読む »

ブログパーツ

道路標識

歩行者専用の道路標識は誰もが一度は目にした事があるだろう。車両が入る事を禁止し、歩行者の安全を守る事を目的に制作されたこの道路標識は数十年前に制作され長く日本国内で使用されてきた。

今日は歩行者専用の道路標識に隠されたちょっぴり怖い都市伝説をご紹介。

歩行者専用の道路標識のデザインは大人とこどもが手をつないでいる絵である。一見、仲睦まじい親子のように見える絵であるがこれは親子ではない。

続きを読む »

ブログパーツ

卒業アルバム

「これ、まずいよ。」

そう言ったのは、卒業アルバム担当の川島先生だった。彼が机に置いた写真、それは3年C組の、アルバム用の集合写真。他の先生が集まってくる。

「やだ!何これ。」

C組担当の荻田先生が、驚いて口元に手をやる。

続きを読む »

ブログパーツ

嫌な上司

会社に嫌な上司がいた。

脂ぎったデブ、ダサい眼鏡、必死に隠そうとしている薄らハゲ。

ハゲデブ眼鏡の三拍子そろった上司を彼女は嫌っていた。

続きを読む »

ブログパーツ

歌手Aの放送事故事件

1988年の事である。
 
この年の10月3日、埼玉県に住む少女が、強姦後に殺害されるという事件が発生する。世を震撼させた殺人鬼は『89年7月23日』、警察当局に拘束されるまでの間に、彼女以外にも3人の少女を殺害していった。
 
話を戻し、この殺人鬼が逮捕される”20日前の”7月4日(土)深夜、そのアイドル歌手(女性)は、当時絶大な人気を誇ったカップリング番組にゲスト出演していた。司会を担当するのは人気の漫才コンビである。番組はこの日、「七夕特集」として放映されていた。
 
そして、問題のシーンは番組序盤に流された。

続きを読む »

ブログパーツ
来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。