MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

意味が分かると怖いコピペ

821 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 02:32:13.59 ID:Mrs/mVivO
気がつくと目の前に彼女がいた
「大丈夫?」
どうやら彼女と話をしている途中でブラックアウトしてしまったみたいだ。彼女との会話は記憶から抜け落ちていた
彼女は驚いた様子もなく僕を見ていた。きっと何度も同じようなことがあったんだろう
なのに僕は覚えていない。それが悔しかった
彼女に気持ちを伝えなくては。明日の僕にはできないことだから
「僕は明日にも全ての記憶を失うかもしれない。だけど僕が君を愛したことだけは絶対に忘れないから」
彼女は驚いたように目を見張っていたが、やがて「ありがとう」と悲しげな笑顔を浮かべた

意識が戻る。目を開くと二人の女性の顔が見えた
一人は彼女だった。良かった僕は彼女を覚えてる
もう一人は僕たちよりも、ふたまわりほど年上であろう綺麗な女性だった
おそらく知り合いであることは間違いないのだろうが、何も思い出すことはできなかった
「この人が誰なのか分かる……?」
彼女の問いかけに僕は虚しく首を振ることしか出来ない
「あなたとすごく関係の深い女性よ。頑張って思い出して」
彼女の言葉で一つの可能性が頭をよぎる。だけどそれは絶対に信じたくなかった
「まさか……母さん?」



822 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 02:32:47.71 ID:Mrs/mVivO
彼女が何か言おうとしたが、それを女性が抑えるようにして口を開く
「……ええ、そうよ」
女性は眼に涙をためながらも嬉しそうに微笑んで僕の手を握った。女性……いや母さんの手は温かかった
「母さんごめん。僕、母さんの顔も……」
僕の謝罪の言葉を聞くと母さんの笑顔が徐々に崩れて、ついにはわっと泣き出した
「ごめん」
僕は謝ることしかできなかった
「違うわ。あなたが覚えてくれていて嬉しかったの」
涙を拭いながら話すその言葉通り、顔をあげた時にはすでに笑顔に戻っていた
その顔は、なぜか顔を曇らせている彼女にどことなく似ている気がした
それがまた僕を不安にさせた。何か大切なものを失った気がしてならなかった
ただ僕にはそれが何なのか知るすべはなかったし、その必要もなかった。
どうせ彼女のこと以外は忘れてしまうのだから










823 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 03:52:40.48 ID:NE9Vki1M0
彼女と娘か
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。