MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

猫に助けられる

高校2年の時の話。

親と仲が悪く、鬱に入った時期があった。
飼っていた猫が、脱走した翌朝、毒を盛られて庭で死んでいて、
鬱時期だったこともあって自殺を考えた。
いつもは手首を切っても、そんなに深く切らず、
何本も血のにじむ浅い傷をたくさん作ることで鬱憤を晴らしていたが、
その時は本気で死のうと考えた。
カッターじゃなくて、彫刻刀のナイフ形のを持ち出し、手首に刺した。
抜くと、すぐに鼓動にあわせて血が出てきて、バスタオルにしみこんでいく。
両手首にしようと思ったけれど、左手が小刀をうまく握れず、
ならばと小刀を首に当てた時、猫の声がした。
振り向くと、ベッドの枕元に、骨壷をおいてあり、そのところに猫がいた。
猫はベッドの上から降りると私のそばに来て、
血がだらだら流れてる手首を舐めた。
一生懸命血を止めようとしてくれてた。
ずっと泣けなかったのに、涙がぼろぼろ出てきた。
そのあと泣き声に気づいた母親が救急車を呼び、医者に連れて行かれた。

それからはそんなバカなことは考えなくなった。
偶然知り合った霊能者さんには、
「強いキジトラの猫が守ってくれてるよ」と言われた。
猫に呆れられるようなことはしないで、これからも生きていきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

コメント

そうだにゃー(声:愛川りかこ)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。