MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

東京競馬場 第三コーナーの木

東京競馬場には、第三コーナー付近にエノキの木が存在する。

競馬の世界においては、第3コーナーから第4コーナーに至るまでの地点は、いわゆる「仕掛け処」として、騎手にとっても、レース観戦するファンにとっても非常に重要なポイントといえるが、府中競馬場には大きな「エノキの木」が存在すために、スタンドからは馬群が一瞬見えなくなってしまうのである。

それゆえ本来ならば除去されるべき木なのだが、不思議なことに競馬場内にそのまま残されているのだ。

実は、これには「訳」がある。
競馬場が目黒から府中に移転した時に、もとよりこの場所には北条氏の家臣「井田家」の墓があったが、墓の所有者が立ち退きを拒否したため、そのまま競馬場内に残された。
しかし話はこれで終わらない。
 
このエノキの木が井田家の墓に隣接して植えられており、おそらくは井田家の墓標がわりとされ、すぐ隣りにある大国魂神社の「名物ケヤキ」に関連して、これがエノキとケヤキを混同させている原因だと推察されるが、競馬場建設時にはこの木を切ろうとした作業員が3名も立て続けに「急死」してしまうのである。
 
これには職人さん達もたまったものでは無い。
以来、呪いの噂は業界内に広まり、木の撤去を請負う職人(業者)が一人として、いなくなってしまったのだそうだ。
 
災難は騎手にも及び、この場所では事故、落馬などが多発、いつしか、このポイントは「魔の第三コーナー」とよばれるようになった。
そして現在では、巨木の祟りを恐れてか、関係者らによって「馬頭観音」の碑が建立されるに至っているのである。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

tag : 日本の不思議

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。