MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

エアーズロックの石

isan0078.jpg


世界遺産にも登録されているウルル(俗称:エアーズロック)は、オーストラリア大陸にある世界で二番目に大きい一枚岩。
岩と言っても山のように巨大な岩で、地球のヘソとも呼ばれており、原住民のアボリジニにとっての聖地でもある。

そんなエアーズロックを訪れる観光客のなかには、
気軽に石を持ち帰る人が絶えない。
しかしその後、石を持ち帰った人の多くが、病気や離婚・死などの不運にみまわれており、アボリジニの呪いではないかと言われているというのだ。
実は、エアーズロックの所有権は、オーストラリアの先住民アボリジニにあり、それをオーストラリア政府にリースしているんだとか。
エアーズロックには登山道がもうけられており、天候が悪いときやアボリジニの儀式があるとき以外は、登山できるようになっている。

しかし、アボリジニたちはできれば登頂して欲しくないと思っているらしい。
自分たちの聖地を汚されるとの思いがあるのだろうか…。
ともあれ、登山するだけでも快く思われていないのに、石を持ち帰るなんて言語道断である。

実際、エアーズロック管理事務所には、盗まれた石に謝罪文を添えた小包が1日1個以上届けられているんだとか。
そしてその謝罪文のなかには、自分に降りかかった悲劇の詳細が書かれているらしい
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。