MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

硫黄島

硫黄島
 ここはテレビや雑誌では決して紹介されないが、国内屈指の死霊の島である。なぜ紹介されないか。それはおそらく次の2つの理由による。
 ①一般人は上陸が許可されていない。またバラエティ番組の取材も許可が下りない。
 ②第二次世界大戦の犠牲者の遺族に対する配慮。
この島は言わずと知れた玉砕の島。太平洋戦争末期、40日間の戦いで日米あわせて約5万人の犠牲者を出している。
島の地下要塞には火山島灼熱地獄の中で最後までアメリカ軍と戦いを繰り広げた日本兵の数多くの白骨が今なお未回収のまま残っている。
言ってみれば幽霊が出てあたりまえ、出ないほうが不思議という環境下にある島である。
ここは一般の人は上陸できないが海上・航空自衛隊員、海上保安庁職員だけが駐在している。
この島で幽霊を見た経験をもつ隊員・職員は大勢いるらしい。
しかも現れる幽霊の数も多く、時には昼夜関係なく出てくるらしい。
硫黄島基地では、幽霊対策として毎日慰霊碑の前にもうけてある盃に水を補充する規則となっているとか.....。
宿舎でも寝る前には部屋の前に水を準備しておかないと、兵士の霊が水を求めて中へ入ってくるとのことである。
海自隊員や海保職員で幽霊に悩まされノイローゼになり帰還させられる人もいるらしい。
 筆者が硫黄島が死霊島であることを知ったのは1985年に初めて小笠原(父島)へ行った時のこと。
現地の人が話してくれた。かつてこの島へ霊感の強い人が上陸しようとしたら死霊がその人のところに集まったらしく、その人は気が狂ったように自分で自分の顔や頭を殴り始めた。
まわりの人があわてて船に連れ戻し、島から逃げて帰ったとのこと
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。