MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

人形島

sotimiruka.jpg


メキシコのソチミルコに存在すると言われる人形島
この島には人形が大量に存在し、その数は1000体以上に及ぶ


この人形島を造ったとされる男性がいた

その男性はジュリアン・サンタナと言われている。
彼は手を触れるだけで病を治す不思議な力があった。
しかし町の住人はそれを気味悪く思い、彼を迫害してのちに人形島とよばれるソチミルコ島へ 追いやる。 彼は残りの人生をこの人形島で過ごすことになる。
1949年のこと、このソチミルコ島で少女が小船に乗って遊んでいた。
ところが遊んでいるうちに、小船から少女が転落してしまう。 ジュリアン・サンタナは彼女を助けようとしたが、あっという間に少女は 川に飲み込まれ、死体はあがらなかった。
数日後の深夜、ジュリアン・サンタナが何かに引き寄せられるように 少女が死んだ川へと向かった。
すると川からあがってくる少女を目撃する。 しかし気づけば少女は消えていた。
サンタナは少女の供養のため、先住民の呪いを封印するため、島中に人形を吊し始めたという。
やがてこのソチミルコ島が人形島と呼ばれるようになる。
しかしソチミルカ族の呪いから逃れることができず、ジュリアン・サンタナは 2001年4月7日に、少女が死んだ川で彼も死ぬこととなる。



関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

tag : 海外の不思議

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。