MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

モンスターズ○ンクの裏話

これはとある仕事関係者からのリーク情報なのですが、『モンスターズインク』という作品は、実は秘密結社の メンバーに向けたメッセージ映画だそうです。

まず、一つ目キャラ、マイクはシンボルマークの目を表し、体が大きいサリーは、ピラミッドを表します。 そして、二人はいつも離れずに行動し、事件を解決していく。二人で一つなのです。そうそれはまるで フリーメーソンとイルミナティのように。
そもそも二人が働く会社のロゴマークは?「Mason of Eye」Mに一つ目が重なったものです。

 あの作品ではエネルギーを牛耳る人たちがいて、子供の叫び声をエネルギーにしています。現実の世界では、人々の 叫び声(過酷な労働、企業買収etc)でエネルギー(金、暴利)を得ているというのです。

 内容を見てみると、アメリカの子供向け映画なのに、アジアの女の子がキーパーソンになっています。そしてモンスターたちは 現実の世界の子供に触ってはいけない、物を持ってきてはいけない。もし持って帰ると、特殊な防菌スーツを着た人たちが処理をしにきます。 これは、子供をウィルス扱いしているということにお気づきでしょうか?また女の子が騒ぎを起こすのは日本料理屋、外に出ると 町ごと特殊部隊に処理されます。これは日本に対する忠告だったといわれています。

 この映画はアメリカでは2001年に公開され、日本で公開された2002年にアジアではSARSが流行しました。まるでこの 映画が予言していたかのように。これは偶然なのでしょうか?

 モンスターと現実の世界をつなぐ「扉」。これは彼らの言う、もうひとつの世界をつなぐ「Gate」を意味しています。

 そして作品の終盤にモンスターズインクの本が出版されたというって本が出てきます。その表紙というのが、マイクの目がバーコードによって 隠されているもの。本編では笑いを誘う場面ですが、実はしっかりとフリーメーソンのシンボルマークに666を重ねているのです。

 最後は女の子が顔を出さず、サリーの笑顔で終了。感動するシーンですが、これはアジアを制したことを表しています
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。