MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

航空機事故と噂

1998年2月16日、バリ島発台北行の中華航空機が、
台北空港で着陸に失敗し、乗員・乗客計196名全員が死亡した。
この、悲惨な航空機事故を皆さんは、覚えていることでしょう。

その後、台湾でこの事故について、ある噂が流れたのだった。

続きを読む »

スポンサーサイト
ブログパーツ

はじめての かていか

7がつ5にち
きょう、はじめてかていかをならった。
ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。
せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。
はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった。
1ぱんはごはんをたいた。
2はんはおみそしるをつくった。
3ぱんはカレーをつくった。
ぼくは3ぱんです。
じゃがいもやにんじんをほうちょうできるときはドキドキした。
「てをきらないようにゆっくりね」とせんせいがいった。
じゃがいもやにんじんやたまねぎやおにくをゴトゴトにた。カレーのルーをいれた。
しばらくしたらカレーができた。
やさいやおにくをきるときはきんちょうしたけど、そのあとはかんたんだった。
がっこうのかえりにびょういんにいった。
ママにカレーをつくったといったら、にっこりわらった。
ママがいえにいなくてさびしいといったら、もうすぐいえにかえれるといった。うれしかった。
「そのときはいもうともいっしょよ」といった。
いもうとは、ともよというなまえだ。
ママはともよをうんだので、びょういんにいる。
「ともよもカレーをたべるかな」ときいた。
もうちょっとおおきくなったらたべるとママはいった。
おおきくなったら、ともよにいっぱいカレーをつくってあげようとおもった。

続きを読む »

ブログパーツ

シャアのモビルスーツ

ガンダムといえば今や大人気シリーズである。

その中で、シャア専用のモビルスーツは「赤い彗星」というニックネームが付くぐらい「赤」という話だが、実は赤というよりピンクに近い。

これは実は、日本サンライズ(当時)に大量にピンクの絵の具が余ってしまった為に使わざるを得なかったことが原因なのだ。ただし呼び方はシャアに対して「ピンクの彗星」というのはカッコ悪くなってしまうため、「赤い彗星」にしたという。

この当時、爆発もピンク、ビームサーベルもピンク、連邦女性の制服もピンクであり、ピンクが出まくる時期がある。

しかし最終的にはピンクも使い切り、どの絵の具も少なくなってしまった為に最後の方ではホワイトベースのクルーに白色の宇宙服を着せているという。

続きを読む »

ブログパーツ

ちびまる子ちゃんの最終回

ちびまる子ちゃんと言えば、今や国民的なアニメである。

実写化などもされており、大人も子供も大好きなアニメである。
そんな、ちびまる子ちゃんではあるが、最終回だと噂されている都市伝説が存在するようだ。

その都市伝説というのは、数あるアニメの都市伝説の中では珍しくハッピーなエンディングとなっている。

その都市伝説の話では、キッカケはともぞうにあるらしい。

エンディングではともぞうは亡くなってしまっているようだが、そんなともぞうの遺品から出てきたのがある株券であるというものだ。

その株券の価格を調べてみると、何と非常に高騰していることが発覚する。

続きを読む »

ブログパーツ

常紋トンネル

昔、JRが国鉄と呼ばれていた時代の頃(明治時代)、北海道は今現在とは全然人もいなく鉄道を動かすには作業員が必要でしたが人手が全然足りませんでした。

そこで国鉄が考えたのは自宅に帰宅途中の普通のサラリーマンなどに朝まで飲み食いさせ、サラリーマンには払えない高額を請求させ(囚人が道路、鉄道建設に酷使させられたと聞きます。中には冤罪、政治犯とかもいたかもしれませんなー 騙されて、連れてこられてもいたようです。)、借金を返済させる代わりに、北海道に鉄道のトンネルや鉄橋などを作れとむりやりいわれ払えないサラリーマンは無理やり労働させられて、パンツと藁の下駄のみしか着るのが許されなく、しかもこれを着るためにはお金が必要だったので、借金は減るよりかどんどん増すばかりでした。

続きを読む »

ブログパーツ

某神社に赤い蝋燭を立てると海が荒れる

昔海沿いにある社のふもとで蝋燭を売って暮らしを立てていた年寄り夫婦がいた。
参拝客はそこでろうそくを買い、社に供えていったという。
ある晩、爺さんが海岸を歩いていると赤ん坊をみつけた。

この赤ん坊には普通の人間とは違い足がなく、代わりに魚のひれがついており、どうやら人魚の子であるらしかった。
しかし、子供のいない夫婦はその赤ん坊を海神からの授かりものだとして、大事に育てることにした。
やがて人魚の赤ん坊はすくすくと育ち美しい娘になり、夫婦の仕事を手伝って蝋燭に絵を描くようになった。
その絵が非常に見事なことと、娘の美しさが評判になりろうそくは飛ぶように売れた。
やがて社には国中から参拝者が集まるようになり、さびれた漁村は大いに活気づいたそうだ。

続きを読む »

ブログパーツ

あなたの2014年を知る方法

※ウソかホントかわからない!やりすぎ都市伝説SP・2013冬 2013年12月27日放送分より



都市伝説テラー・島田秀平が、
「あなたの2014年を知る方法」について語る。
この番組の放送日は2013年の年末であり、
そろそろ来年(2014年)の事を考えている人は多い。

手相・占いを行っていると、
2014年を占って欲しいという依頼が相次いでくる。

そこで島田秀平は、
誰でも簡単に出来る、
来年(2014年)が分かる占いを紹介する。

続きを読む »

ブログパーツ

地獄の声が聞こえる穴

インドネシアのスマトラ島メダン。
標高2145mのシバヤック山の中腹に、すり鉢状の穴がある。直径2000m、最深部300mの巨大な穴はスアラ・ナラカ(地獄の声)と呼ばれ、地元の人々は決して近づかない。
昔から「命が惜しければ近づくな、悪魔が住み地獄の声が聞こえ、恐ろしい死を遂げる」と伝えられているからだ。

現に動物も怯えたように近づかず、植物さえ生えていない。

続きを読む »

ブログパーツ
来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。