MenuBuilder.me - Online Menu Generator
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサードリンク

<<<カテゴリ一覧>>>
   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 未解決事件 動物 芸能界 メディア etc...
[1] 恐怖    [2]  感動    [3] 未知
   
[4]  アニメ・マンガ    [5]  芸能    [6]  その他 

   
  
コピペ 体験談 ネタ etc...
[1]  おもしろ系    [2]  怖い系 
[3]  閲覧注意系 

   
  
謎 オカルト 心霊 怪奇事件 心霊スポット etc...
[1] 日本の不思議/謎    [2] 海外の不思議/謎
   



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

泣く子供

1985年、イギリスの南ヨークシャー地方で奇妙な火事が頻繁に発生。家が全焼する程の火事であるにも関わらず、必ず無傷で残るそうです。

続きを読む »

スポンサーサイト
ブログパーツ

グアム島のホテル

69: 本当にあった怖い名無し 2008/07/27 21:25:50 ID:x+UgFQAE0

105 名前:コピペ[] 投稿日:2007/07/23(月) 21:57:00.93 [夜] ID:BMSS/hk10 (PC)
私が、色々と相談をしている寺の住職は、グアムやサイパン等の太平洋戦争の激戦地の戦場跡を慰霊のために幾度も訪れています。
その時のエピソードをひとつ・・・・。
グアム島・・・某ホテル・・・深夜・・・
住職が、寝室で休んでいるとき、廊下の向こうから、多数の兵隊が行進してくる軍靴の音が・・・。
そして、その行進は、住職の部屋の前で止まり、部屋の中に入ってきたそうです。
「自分は、福島県出身の〇〇一等兵であります。この度は、戦友一同共に祖国日本への帰還を願いに参りました」  
・・・・と、隊列の中から一人が前へ出て住職に向かって言ったそうです。
そこで、住職が般若心教境を唱えると、彼らは、その般若心教に乗って日本へ帰還したとのこと。同じように、戦死したアメリカ兵も住職の元へ現れて、住職の唱える日本語の般若心境に乗ってアメリカへ帰還していったとのことです。宗教、宗派は違っても、宗教は全ての人・霊の幸福のために存在することをこのことは示しているような気がします。

続きを読む »

ブログパーツ

硫黄島

硫黄島
 ここはテレビや雑誌では決して紹介されないが、国内屈指の死霊の島である。なぜ紹介されないか。それはおそらく次の2つの理由による。
 ①一般人は上陸が許可されていない。またバラエティ番組の取材も許可が下りない。
 ②第二次世界大戦の犠牲者の遺族に対する配慮。

続きを読む »

ブログパーツ

何を見たのか

そのお兄さんは九州の某大学の剣道部。

大学の体育会系というと、上下関係はかなり厳しい。

その夏の合宿中での出来事。

部屋は学年毎に別れてたのだが、毎朝4年生の部屋の

窓が10cm程開いているという。

続きを読む »

ブログパーツ

卒業アルバム

「これ、まずいよ。」

そう言ったのは、卒業アルバム担当の川島先生だった。彼が机に置いた写真、それは3年C組の、アルバム用の集合写真。他の先生が集まってくる。

「やだ!何これ。」

C組担当の荻田先生が、驚いて口元に手をやる。

続きを読む »

ブログパーツ

呪われた日本刀

10年くらい前に、祖父の家で開かずの間(みたいなもの)を見つけたんだが、その時の体験。
俺が高2の時に、祖母ちゃんを早くに亡くし、1人でデカイ家に住んでたじいちゃんがとうとう死んだ。
祖父ちゃんは、戦前から鉄工所を営み、その鉄工所はこの町一番の規模で有名だった。
天皇陛下に瑞宝章を賜った、町の有名人。
住んでる家も、木造だがかなりデカく、俺等 孫はよく遊びに行ってた。
祖父ちゃんの49日が住んで、祖父ちゃんの書斎を整理する事になり、親戚一同が集まった。
男手も必要だということで、俺も参加させられた。
書斎の本棚には、鉄鋼関係の古い専門書やアルバム、釣りの本でぎっしり。
それらを本棚から出し、一ヶ所に集め、親戚の叔母さん達が何やら振り分けてる。
今度はその巨大な本棚を、男連中(伯父さん達や俺)が屋外に出すということで、
5人がかりで動かしたんだが、その本棚の裏に小さな引き戸があった。

続きを読む »

ブログパーツ

沖縄の地下にあるもの

沖縄には地下鉄がない。

沖縄に地下鉄を作らない理由は不発弾が大量に埋っているからというものである。
しかし、本当は別の理由があるとされており
一般に公表されずにいるという

続きを読む »

ブログパーツ

窓を越える老婆

517: 窓を越える老婆1/7 2009/08/18 17:32:09 ID:D+dB/6oU0

俺はある機械メーカの技術者なんだけど、うちの機械は世界各国の工場でも使われている。
で、据付や調整、指導なんかで1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。
これは最近、近所の大国へ行ったときの話なんだ
機械を買ってくれた工場は、発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。
でもすんごい田舎で、大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。
工場は昔の国有工場で、数年前に台湾の会社との合弁会社になり、設備投資を始めたんだ。
その台湾の会社から、管理職や技術者が数人来ていて、
王さんという技術者が日本語ぺらぺらで、俺の通訳や世話をしてくれた。

その王さんから、「一人で工場の外へは出ないように」と言われていた。俺が?でいると、
「外へ出ても何もない。田舎だし、外国人に対するマナーもない。言葉も通じないし、
迷子になったらタイヘン」
という答えで、まるで監視するかのように朝食から寝るまで、びったり俺に付いていた。
夕食後に散歩に出ようよ、と言っても「何もないです」と絶対ウンと言わない。
俺が行ったときの歓迎会と、週末の食事と買い物に、車で15分くらいの町へ台湾人達と
出かけるだけ。
お国柄的に、外国人が行ってはいけない秘密施設でもあんのか?と思ったくらい。
確かにゲストハウス用の食堂で三食食べられるし、商品に難があるが売店もあり、
外へ出る必要がなかったんだが。
それまでいろんな所へ行ったが、どんな所でも町の様子をぶらぶら見るのは楽しいものだったし、
ここでもそうできると思ってたんだ。

続きを読む »

ブログパーツ

ケネディー一家の末路



ケネディー一族の呪いについては結構有名な都市伝説となっている。

ジョン・F・ケネディーが暗殺されてしまった事はもちろん周知の事実だが、妻のメアリー・リチャードソン・ケネディは突然自殺してしまった。そして、ジョン・F・ケネディの父親は娘ローズマリーにロボトミー手術をしてしまい。彼女もサナトリウムの中で2005年に亡くなってしまう。。

続きを読む »

ブログパーツ

本当に大切なもの

12 :R:2012/05/05(土) 18:13:10.95 ID:iEFflSHE

私の話、少し長くなりますが書きます。

私は昔から何事にも無関心で無愛想でした。
友達は多くても心から付き合ってる人も片手で数えるほど、恋愛なんて生まれてこの方2回ほどしかしていません。
しかし無愛想無関心じゃやっていけないご時世ですよ、嘘言ったり笑顔作ったり、そんなことばっかりしてたら苛められてしまって、小中と友達は本当に少なかったです。
そんな私にも中1から付き合い始めた彼氏がいました。好きじゃなかったけど告白されたから付き合った、そんな感じです。

そして、高校生のある日から。
私は苛めっ子のいない少し遠くの学校を選び平凡に通っていました。しかし、噂はよく届くもので、小さいころの噂が私の高校に流れてきました。
また私は悪夢のような苛めを受ける日々が始まりました。

しかし、ある日を境に少しずつ、本当に少しずつ私を苛める人は減っていき半年もすれば入学当初のような優しい笑顔を大体の人が向けてくれるようになりました。
理由もよく分からず、また普通の生活を送っていました。
その3日後くらいに、隣に住んでいる同じ高校に通う小さいころからの幼馴染が学校の階段から落ちて病院に運ばれたとお母さんから電話が来ました。

病院につくと、足を(名前が分からないけど)天井からぶら下げた紐のようなものに乗せて、顔には殴られたような痣があり、病弱な幼馴染にしては珍しいなと思いました。

本人は「また眩暈がして階段から足滑らしたんだー」なんて笑っていました。
結局幼馴染は1週間ほどで退院をしてすぐにいつものようになりました。

私はお母さんから「ジュン君は病弱だし、危ないから毎朝一緒に登校したら?」と言われました。
私には前で記したように彼氏がいて、駅まで一緒に行くってのが日課でした。
少しいやだなーと思い幼馴染に話に行きました。すると幼馴染は「彼氏と行きなよー」って笑って断りました。
少し困ったような顔をしていたので、コイツは私が嫌いなのかーなんて思ったぐらいでした。

続きを読む »

ブログパーツ

このぽっけすごいねんで!!

299 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2006/03/05(日) 05:18:10 ID:qagTwGHq
ある日Aが死んだ
脳溢血だった
職場で突然倒れそのまま逝ってしまった


友達はいわゆるシングルマザーで家族は60を過ぎた御両親だけ
私達も悲しみにくれる間も殆ど無く、葬儀の準備の手伝い、
関係者への連絡などで忙殺されていた

その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を
何度も何度も読んでいた

通夜が始まりしばらく経った頃、彼が居ない事に気付いた
私と手の空いた者が付近を探した

しばらく探していると友達Bから着信
小さな公園で見つけたとの事

急いで駆けつけるとBは公園の入口で、
どういうワケかうずくまって泣いていた

フッ…と公園の中を見ると彼が居た

暗い街灯の下、


「…お母さん、お母さん…お母さん…」

と泣きながら必死にポケットを叩いてた
周りには宝物が損らばっていた

恥ずかしながら20代女、その子慰める前に
しばらくの間 泣き崩れてしまいました

声を殺して抱きしめる事しか出来なかった
いつの間にか集まってたみんなも泣いていた

あの日は全てが悲しくて仕方がなかった

続きを読む »

ブログパーツ
来場者数
リンク
    [人気ブログランキング]
ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。